お知らせ
新規取引きのお客様はこちらから

お知らせ

≫一覧に戻る

2018年01月22日

「フィスト・オブ・ウォー®」シリーズ新製品及び再生産のお知らせ


第二次世界大戦の終戦が1947年まで伸びたという背景設定に基づき展開する架空兵器のプラスチックモデルシリーズ「フィスト・オブ・ウォー®」シリーズ第一弾は皆様の多大なるご協力により予想以上の反響をいただきました。
改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

そして今回は、その「フィスト・オブ・ウォー®」シリーズ新製品及び再生産のご案内をさせていただきます。

前回の生産及び輸送による遅延に学び、発売予定を余裕をもって設定いたしました。
また発送まで進捗を随時報告させていただきますので、よろしくお願いいたします。


【新製品1】

「ドイツ軍 E-100 ゼクスフースラー型 "ノートゥンク"」


※クリックで画像が拡大します。

ゼクスフースラー型(6脚)の車体に、マウス計画に平行して設計されたE100計画のクルップ社製溶接砲塔と150mm砲身を搭載。
この開発時期より、ドイツ陸軍にて多脚型にニックネームを付けるのが慣習となる。「ノートゥンク」は、神話に登場するジークフリードの所有する剣の名称である。
その名にふさわしく、「ノートゥンク」はその車体重量と6脚による射撃反動吸収率に優れ、ゆえに128mm戦車砲搭載のE75ビエラフースラー型よりも大型の150mm戦車砲を搭載しつつより高い連射速度及び砲身耐久率を誇った。また、その広い車体内部には兵員輸送能力を備え、車体下部の小型砲塔に援護されつつ、脚部装甲に守られた階段式ラダーから突撃兵の素早い地上展開が可能であった。(フィスト・オブ・ウォー®より)

製品仕様
■1/72スケールプラスチックモデル(組み立てには模型専用のニッパー、接着剤、ヤスリ、塗料等の模型工具が必要です)。
■完全新規金型のE-100ゼクスフースラー型車体に、クルップ型溶接砲塔の150mm戦車砲をセット。6本の脚部は各関節で可動します。
■兵員輸送能力を備える車体の下面には、クーゲルブリッツ砲塔と小型機銃砲塔に加え、可動式の突撃兵乗降ラダーを装備。
■E-75ビエラフースラー型の護衛車両と組み合わせることで様々なジオラマシーンが楽しめます。
​※クーゲルブリッツ砲塔はターレットリング径が異なるため車体上面に取り付けることはできません

価格 税抜4,200円


【新製品2】

「ドイツ軍E-75ビエラフースラー型"アインオーガ [2in1] ヤーヌス"」


※クリックで画像が拡大します。

E-75ビエラフースラー型戦車は、長距離陸路移動または砲塔破損等により様々な現地改修を受けた。その中には後に正式採用される仕様もあった。
"ヤーヌス”はローマ神話の双面神の名の通り、車体上下にクーゲルブリッツ砲塔を搭載。対空戦闘だけでなく対地近接戦闘にも用いられた。
車体上下の30mm機関砲に別種の砲弾を装填することもあり、地点攻撃にも対車両攻撃にも非常に高い有効性を示した。
"アインオーガ"は128mm高射砲の単砲身で、先に生産されたツヴィリング砲塔型に対しドイツ語で「一つ目」の名を冠した。
この車体は後に正式採用された際に4連自動装填装置が取り付けられ、主に対戦車自走砲として用いられることとなった。(フィスト・オブ・ウォー®より)

製品仕様
■1/72スケールプラスチックモデル(組み立てには模型専用のニッパー、接着剤、ヤスリ、塗料等の模型工具が必要です)。
■E-75ビエラフースラー型の車体に、2種の砲塔オプションとボーナスパーツをセット。
■取説に従って組み立てられる"ヤーヌス""アインオーガ現地改修型""アインオーガ正式採用型"の3種だけでなく、パーツの組み合わせとアイデア次第で様々なバリエーションが製作可能です。
​※クーゲルブリッツ砲塔はターレットリング径が異なるため車体上面に取り付けることはできません。
※このキットはいずれか1両の製作が可能です。

価格 税抜2,200円


【再生産】

●2018年4月までに在庫切れが予想されます以下商品を再生産いたします。

① 1/72 E-75ビエラフースラー "128mm戦車砲"
価格 税抜2,000円

② 1/72 E-75ビエラフースラー "128mmツヴィリング"
価格 税抜2,000円


受注締め切り:2018年2月15日

※受注締め切り後も予定生産数に余裕がある場合は追加受注いたします。その際は改めてご連絡差し上げます。


ご拡販のほど、何卒よろしくお願いいたします。